「鈴木さん、いてはる?」